年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » 気になる美白化粧品全紹介と口コミ » キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」

刺激は少なく効果が高い、高級美容成分たっぷりの美白美容液

キャメロン&ガブリエル 天使の聖水
画像引用元:キャメロン&ガブリエル公式HP
https://www.cameron-gabriel.co.jp
/hpgen/HPB/entries/10.html

注目の最新成分を厳選してたっぷり配合した美白美容液。美容機関でも使われている「トラネキサム酸」と「プラセンタ」をW処方。

さらに、新鋭型ビタミンC誘導体やアルブチン、ナイアシンアミドなど、学会や専門家から高評価を得た成分を独自処方にて配合しています。

なかでもトラネキサム酸は、肝斑の治療にも使われる医薬成分であり、一般のスキンケア用品には配合が認められていません。医薬部外品など薬用のスキンケア用品にのみ配合が認められており、コスメティック市場においては、貴重な成分なのです。

さらに、潤いにも着目し、低分子のエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸、ヒト型セラミドをナノサイズ化して配合。

これにより、みずみずしさとハリも実現します。しかも、合成界面活性剤・ゲル化剤・増粘剤・感触改良剤・エタノール・パラベン・鉱物油・着色料・合成香料などといった肌への刺激の要因となりうる成分は一切使用していないため、高い効果だけでなく、肌へのやさしさも実現しています。

美顔器にも対応できる成分内容

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」は、イオン導入器や超音波美顔器などの各種美顔器のジェル代わりに使うことも可能です。

美顔器は、ジェルや美容液をよりしっかり肌に届ける働きかけをするものが多いため、肌に悪そうな添加物だらけのジェルを使うことは抵抗があるのですが、可能なかぎり無添加の処方にこだわっている天使の聖水なら、美顔器にも使うことができるのです。

「美顔器を持っているものの、メーカーが推奨するジェルは高すぎる、かと言って、代用のジェルや美容液で、成分的に安心感があるものがなかなか見つからない」と困っている人にとって、天使の聖水はありがたい存在となってくれそうですね。

製造・品質管理へのこだわり

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」の製造は、自社の提携工場で行っています。ですが、その製造を提携工場に任せきりにしているわけではありません。

提携工場の製造技術や設備をきちんと管理した上で、キャメロン&ガブリエルの製造統括責任者が監督となり、厳しい品質チェックをしています。

天使の聖水は「美容液を製造したらすぐに容器に充てんする」という作り方をしません。まずは美容液を製造してから1週間後に、雑菌が繁殖していないかどうかを厳しくチェックします。

この雑菌チェックをクリアした上で容器をひとつひとつエアー洗浄し、さらに充てん時も「消毒液での手洗い、手袋・白衣・マスクの着用」を徹底して、雑菌リスクにとことん対応。そして充てん後にもひとつひとつ目視チェックをするという、何段階ものチェックを経て、ようやく完成するのです。

これ以外にも、「急激な温度変化に対する品質安定性テスト」なども実施しており、とことん高水準の品質を維持することに努めています。

天使の聖水の安全性は、「無添加処方」という成分的な点だけでなく、製造・品質管理においても言えることなのです。

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」金額と内容量

4,000円(税抜き)/100mL

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」美白成分

美白有効成分

トラネキサム酸、プラセンタ、新鋭型ビタミンC誘導体(VCエチル)、アルブチン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

ナノ化セラミド、低分子エラスチン、加水分解コラーゲン末、加水分解ヒアルロン酸、スフィンゴ糖脂質、水酸化大豆リン脂質

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」口コミ評判

キャメロン&ガブリエルのシリーズ商品

天使シリーズは、洗顔後、角質を柔らかくしてくれる導入液を塗布し、天使の聖水(美容液兼化粧水)を使用します。そのあとは美容オイルを数滴塗布します。夜はスペシャルケアとして夜用美容液が推奨されています。

キャメロン&ガブリエル販売元情報

株式会社キャメロン&ガブリエル

本社〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂2丁目1番51号

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング