年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » 化粧水、乳液、美容液、オイル、それぞれの効果の違い » 美白乳液のおすすめの使い方・選び方

美白乳液のおすすめの使い方・選び方

美白乳液

シミやくすみのない透明感のある肌になるには、美白成分が含まれた化粧品がオススメ。美白乳液にも美白のための有効成分が含まれており、スキンケアで重要な役割を担っています。

まずは美白のための乳液の役割と使い方・選び方を知っておきましょう。

美白のための乳液の役割

スキンケア化粧品において乳液は肌にうるおいを与えながら、化粧水等で補った水分を油分によって肌に閉じ込める役割があります。

美白のための乳液の役割も基本的に同じですが、美白乳液にはビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスなど美白に有効な成分が配合されています。化粧水や美容液で補った水分や有効成分を閉じ込めつつ、肌のくすみを改善したり、シミやそばかすを予防する役割も担っているのです。

美白のための乳液の使い方

美白乳液は基本的に化粧水や美容液で十分に水分を補った後に使います。乳液を適量手に取り、手のひらで温めて顔の中心から外側に向けて伸ばしていきます。

美白成分が含まれていますが、あくまで水分や有効成分を閉じ込めるのが主目的ですから、シミやそばかすが気になる部分だけに塗布するのではなく、顔全体にまんべんなく塗ります。紫外線を防止する成分も含まれているでしょうから、全体の塗布することでシミやくすみの予防になります。ただ、乾燥が気になる目や口元は重点的に塗布してもいいでしょう。

美白のための乳液の選び方

美白のための乳液を選ぶ場合はどのような美白成分が含まれているかチェックしましょう。美白成分としてはビタミンC誘導体、トラネキサム酸、カモミラなどいろいろあります。

また肌質や使用感で選ぶのもポイントです。乳液は製品によっては油分と水分の割合が異なります。また美白成分によっては肌への刺激が強いものもあるので注意が必要です。肌荒れはもちろん乾燥する、逆にベタベタするという時には止めた方が良いでしょう。

そして美白のためとはいえ乳液は毎日使用するものですから、毎日続けられる価格かどうかもポイントになります。

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング