年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » 化粧水、乳液、美容液、オイル、それぞれの効果の違い

化粧水、乳液、美容液、オイル、それぞれの効果の違い

スキンケアといえば、化粧水、乳液、など決まったラインがありましたが、今どきはブースターやオイルなどもあり、また、オールインワンゲルや美容液の進化により、ラインをまたいだ化粧品のどれを選択すれば効果的なのかよくわからなくなってきています。

スキンケアのステップはできるだけ少ないほうが長続きしますよね。そのアイテムのそれぞれの役割を理解し、自分に必要なアイテムを取捨選択しましょう。

化粧水とは?

化粧品のラインにおける「化粧水」とは、どういったポジションなのでしょうか。

化粧水=肌の水分補給

化粧水の働きは、なんといっても「水分の補給」が一番です。そのため、7~8割は水です。とはいっても、水が肌に浸透するわけはありません。顔を洗っただけで水がグングン肌に浸透したら嬉しいですがそんなことはないですよね。

そこで、重要となるのが、化粧水に含まれる残りの2~3割の成分です。その中には、エモリエント剤やグリセリンなど、肌に浸透しやすくするための成分が含まれています。また、様々な美容成分を配合することで、各メーカーが目指す効果(保湿や美白など)が実現できるのです。

化粧水は外せない?

また、水分を肌に与えることは、美容成分を肌に届けるためには重要です。角質層に水分を浸透させると肌が柔らかくなり整います。これにより、化粧水に含まれている水溶性の美肌成分を肌のすみずみにまで届けることができるのです。

これは、化粧水に含まれている美容成分だけでなく、そのあとに使う美容液や乳液などの成分も浸透しやすくなり、きちんと肌のすみずみに届けることができるのです。

さらには、化粧水には皮脂の過剰分泌を抑制したり、phを弱酸性に維持するなどの働きもあります。洗顔後にそのまま放っておくと、つっぱったような感じがして、しばらくすると逆にベタついていることがあります。これは、肌の乾燥を防ぐために過剰に皮脂が出てしまったことによって起こります。こういったことも防いでくれる働きがあるのです。

ただ、化粧水を塗っただけでは保湿できません。化粧水はあくまで潤いを与えること。美容成分も限られますし、保湿はできないので、油分のある乳液やクリームで水分をカバーしてあげる必要があります。

化粧水の使い方

洗顔後すぐに塗布します。その製品の使用目安となる量を2~3回に分けて馴染ませます。手の温度を使って、顔を包み込むようにじっくり入れ込みましょう。

使用工程:「化粧水」→美容液→乳液

美容液とは?

化粧品のラインにおける「美容液」とは、どういったポジションなのでしょうか。

美容液=スペシャルケア

美容液にはたっぷりの美容成分が含まれています。10代のうちは、化粧水→乳液で全く問題なかった肌も、曲がり角を迎え、だんだんと気になる症状が出てくるようになります。そうしたら、化粧水と乳液の間に美容液の工程を増やすことになります。

美容液には贅沢な栄養成分が含まれており、それは目的によって異なります。たとえば、美白であればビタミンC誘導体、アンチエイジングであればフラーレン、保湿であればセラミドなどです。

美容液だけでもいい?

美肌成分がたっぷり含まれているなら美容液だけ塗っておけばいいんでは?と思った方もいるかと思います。しかし、それでは保湿が足りないことが多いのです。化粧水で十分に保湿して肌を整えてからでないと、美容液が十分に力を発揮することができません。

ただし、美容液成分のある化粧水など、2つの良いところを兼ね備えたシリーズもありますので、そういったものであればひとつで構いません。その場合、一見高額に思えても、2つのアイテムを一緒にしているため、コストパフォーマンスが意外と良いこともありますので、そこはよく確認してくださいね。(しかも手間は半分…)

美容液の使い方

自分の悩みに合った美容液を選んだら、使用目安の量を毎日使います。美容液は毎日コツコツ使うからこそ、その効果を感じることができるのです。そして、ターンオーバーのサイクルである1~2ヶ月(できれば3ヶ月)は同じアイテムを使い続けます。継続は力なり、ということです。

できれば、入浴後、肌が温まった状態ですぐに化粧水→美容液の順番で。化粧水塗布後に浸透時間を置く必要はありません。すぐに塗布しましょう。内側から外側、下から上へやさしく馴染ませます。

美容成分が入った化粧水ならいいのですが、自分で勝手に化粧水と美容液を混ぜて使うなどはやめましょう。分離してしまうリスクがあります。

使用工程:化粧水→「美容液」→乳液

乳液とは?

化粧品のラインにおける「乳液」とは、どういったポジションなのでしょうか。

乳液=フタ

適度な油分を含んでいて、皮膚の水分を守ってくれる役割を持ちます。また、保湿作用もあるので、肌を保湿しながら、水分が出ていかないように皮膜を作ってくれるのです。乳液で水分や美容成分を閉じ込める=フタをするわけです。

もちろん、乳液に含まれる美容成分を届ける働きもあります。

クリームとは違うの?

乳液とクリームの違いがよくわからないという人も多いはず。違いは、水分と油分の割合にあります。もちろん、乳液のほうが水分が多く、クリームのほうが油分が多くなっています。

もちろん、乳液には適度な油分が含まれていますので、それで十分な場合もあります。しかし、乾燥肌であったり、冬の乾燥する時期はもっと油分が多いクリームのほうが良い場合もあります。

水分の多い乳液は、化粧水や美容液と馴染みやすいため、乳液を間にはさむことで、そのあとに塗るクリームを馴染みやすくすることもできます。

人によっては、夜はクリーム、朝は乳液を使用する人もいますし、乾燥しやすい部分(目元や口元)などにはクリームを使う、なんて人もいますので、うまく使い分けると良いかと思います。

乳液だけでもいい?

適度な水分と油分を含む乳液。であれば、これだけでもOKなのでは…?と思った方もいますよね。しかし、乳液だけでは水分量が足りません。角質層の潤いが足りなければ、くすみやすくなったり、ターンオーバーが乱れたりと、肌状態が変わってしまう可能性があります。

水分で潤いを与えたあとに、適度な油分を与える。これが基本(最低限)のスキンケアだと考えましょう。

乳液の使い方

美容液が肌に馴染んだら乳液を使用します。使用目安の量を手に取ったら、両手で重ねて手の温度で温めます。この工程をふむことで肌馴染みが変わります。(クリームも同様)温まった乳液を顔の中心から外側へ塗りましょう。乾燥が気になる箇所は重ね付けするかクリームを塗ります。

使用工程:化粧水→美容液→「乳液」(+クリーム)

オイルとは?

化粧品のラインにおける「オイル」とは、どういったポジションなのでしょうか。

オイル=細胞間脂質と相性が良い

細胞間脂質ってご存知ですか?肌も当然細胞からできているのですが、細胞の隙間を埋めているものです。これが保湿に大きな役割を占めます。この脂肪間脂質が乱れていると、一生懸命水分を入れ込んでも維持できずに蒸発してしまうのです。

そこで、美容オイルの出番です。美容オイルを肌に塗ると細胞間脂質に馴染み、細胞が潤います。それにより、美肌効果が期待できるのです。

オイルだけでいい?

ただし、注意が必要です!油分を与えても、水分が足りていなければ潤いません。化粧水なしで美容オイルだけ塗っても、一見潤っているように感じますが、肌の内部は乾燥状態です。特に乾燥肌の方が美容オイルだけで済ませてしまったら、肌トラブルのリスクが上がってしまいます。必ず水分を補給してあげましょう。

シミにはどんなオイルがオススメ?

ホホバオイルやオリーブオイル、ローズヒップオイル、アルガンオイルがシミに効果的だといわれています。

椿オイルは紫外線防止にもなり、アトピー肌や敏感肌でも使用できるためオススメです。

オイルの使い方

スキンケアの最後に数滴手で肌を包み込むように温めながらやさしく塗ります。オイリー肌の方は化粧水のあとに美容オイルだけでも。

使用工程:化粧水→美容液→乳液→「オイル」

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング