年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » 美白化粧品の選び方と選ぶポイント3つを紹介! » 美白化粧品に重要!美白成分の種類de比較

美白化粧品に重要!美白成分の種類de比較

美白化粧品はとてもたくさんあって、人によって合う合わないがあるかと思います。その中でも、敏感肌さんでも使える美白化粧品を、「美白有効成分」の観点に絞ってランキング形式でご紹介したいと思います。

厚生労働省認可の美白有効成分配合のオススメ美白化粧品

美白成分は「メラニン生成阻害成分」と「メラニン還元成分」の2種類に分けられます。

「メラニン生成阻害成分」はその名の通り、シミの原因となる「メラニン」ができるのを阻害してくれる成分になります。そのため「メラニン生成阻害成分」は主に「予防美白」にあたります。

「メラニン還元」は、還元、すなわち元に戻す、なかったことにする、ということで、できてしまったシミを薄くする効果があります。ハイドロキノンやビタミンC誘導体が有名です。ただ、ハイドロキノンについては効果は高いのですが、その分刺激も強く、お肌の弱い方や乾燥肌の方にはお勧めできないため、本サイトでは除外しています。こちらは「美白対策」にあたります。

私たちは、この2つの効果に注目し、それぞれの商品を比較してみました。

オススメ美白化粧品の美白成分ランキング

1位 キャメロン&ガブリエル 天使の聖水(美容液) ★★★★★★

金額/内容量:4,000円(税抜き)/100mL

メラニン生成阻害
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ
  • 新鋭型ビタミンC誘導体(VCエチル)
  • アルブチン
  • ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)
メラニン還元
  • 新鋭型ビタミンC誘導体(VCエチル)

メラニン生成阻害効果のある美白有効成分が5つで5点+メラニン還元作用のある美白有効成分が1つで1点=6点!

※ビタミンC誘導体はメラニン生成阻害とメラニン還元の両方の効果があるため、1ポイントずつ加算とします。

今注目のトラネキサム酸(ターンオーバーを促進させる作用)とプラセンタエキス(若返りエキスとも言われるほど)のW処方。それぞれ注目の成分なので、単体で配合している化粧品はあるが、W処方されているものは他に見かけません。

さらに、刺激の少ない新鋭型ビタミンC誘導体や、シミ・そばかすに効果的なアルブチン、水溶性で肌にやさしいナイアシンアミドも配合しているため、多方面からのシミ抑制作用が期待でき、美白効果は高いと言えます。

キャメロン&ガブリエルの詳細、その他シリーズ商品と口コミはこちら

2位 SK-II ホワイトニングソースクリアローション(化粧水) ★★★

金額/内容量:7,500円(税抜き)/150ml

メラニン生成阻害
  • ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)
  • 1D-メラノ(ニコチン酸アミドW)
メラニン還元
  • ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)

メラニン生成阻害効果のある美白有効成分が2つで2点+メラニン還元作用のある美白有効成分が1つで1点=3点!

メラニンを表皮細胞に受け渡しされるのを阻害する働きのある1 D-メラノ(ニコチン酸アミドW)に加え、持続性ビタミンC誘導体とも言われるL-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体)を配合しているため、できてしまったシミとこれからできるシミ予防の両方への効果が期待できます。

ビタミンC誘導体にもいくつか種類があり、こちらの商品に使用されているのは、「アスコルビル酸2-グルコシド」ですが、この成分は、効果を発揮するために人間の肌にあまり存在しない酵素(グルコシダーゼ)を必要とするためにあまり美白効果が期待できないとも言われています。

SK-Ⅱの詳細、その他シリーズ商品と口コミはこちら

2位 HAKU アクティブメラノリリーサー(化粧水) ★★★

メラニン生成阻害
  • ビタミンC誘導体(2-0-エチル-L-アスコルビン酸)
  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
メラニン還元
  • ビタミンC誘導体(2-0-エチル-L-アスコルビン酸)

メラニン生成阻害効果のある美白有効成分が2つで2点+メラニン還元作用のある美白有効成分が1つで1点=3点!

チロシナーゼの働きを抑制してくれるうえに、蓄積したメラニンの排泄作用もある4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)を配合。

さらには、シミ予防とシミ還元作用のあるビタミンC誘導体も配合されていますので、Wのシミケアが実現します。

HAKUの詳細、その他シリーズ商品と口コミはこちら

2位 ホワイティシモ薬用ローションホワイトEX(化粧水) ★★★

メラニン生成阻害
  • ビタミンC誘導体(アスコルビン酸2-グルコシド)
  • ルシノール
メラニン還元
  • ビタミンC誘導体(アスコルビン酸2-グルコシド)

メラニン生成阻害効果のある美白有効成分が2つで2点+メラニン還元作用のある美白有効成分が1つで1点=3点!

アルブチンの数百倍もの美白効果があるとも言われるルシノールと、併用するとさらに美白効果がアップすると言われているビタミンC誘導体を一緒に配合しています。

ただ、アスコルビル酸2-グルコシドは、美白効果を発揮するために人の肌に存在していない酵素で分解されるため、あまり美白効果が期待できないとも言われています。

POLAホワイティシモの詳細、その他シリーズ商品と口コミはこちら

5位 アルージェホワイトニング エッセンス(化粧水) ★★

メラニン生成阻害
  • ビタミンC誘導体(2-グルコシド)
メラニン還元
  • ビタミンC誘導体(2-グルコシド)

メラニン生成阻害効果のある美白有効成分が1つで1点+メラニン還元作用のある美白有効成分が1つで1点=2点!

美白有効成分に関しては非常にシンプルでビタミンC誘導体のみとなります。ビタミンC誘導体には、チロシナーゼの働きを阻害することでシミを予防する働きとシミ還元作用があるため、予防だけに留まらない点で効果的と言えます。

アルージェの詳細、その他シリーズ商品と口コミはこちら

5位 トゥブラン薬用ホワイトニングローション(化粧水) ★★

メラニン生成阻害
  • ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)
メラニン還元
  • ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)

メラニン生成阻害効果のある美白有効成分が1つで1点+メラニン還元作用のある美白有効成分が1つで1点=2点!

こちらも美白有効成分はシンプルにビタミンC誘導体のみとなります。シミ予防とできてしまったシミへの両方の効果が期待できます。

ノエビアトゥブランの詳細、その他シリーズ商品と口コミはこちら

6ポイントも獲得したキャメロン&ガブリエル「天使の聖水」

美白において圧倒的に優秀さが目立ったのがキャメロン&ガブリエル「天使の聖水」です。多くの美白化粧品が美白有効成分を多くても2~3種類しか配合していないのに対し、天使の聖水は5種類もの美白有効成分を配合しています。

しかも、安全性が高く、効果も得やすい注目の成分を驚くくらい集めています。正直、すべて主役級です。それぞれをメインにした美白化粧品も多数あります。しかし、天使の聖水に関してはビタミンC誘導体ですら脇役なのです。

美白の主役はあくまでトラネキサム酸とプラセンタです。トラネキサム酸によって、メラニンの生成を初期段階において阻害するとともに、炎症をブロックしてシミの原因を排除。さらには、ターンオーバーを正常化することでシミが定着するのを防ぎます。また、プラセンタによって、肌をワントーン明るくするとともに、美白に重要となる潤いも与えています。

これだけ主役級を集めた美容液。100点満点の採点で120点あげたくなるくらいの最高の美白美容液となっています。

各美白有効成分について

ビタミンC誘導体

VCエチル

他のビタミンC誘導体とは違い、肌内部で酵素を必要とせず、分解されずにそのままの形でビタミンCとして働くことができます。高い浸透性、持続性、安定性をもち、シミ予防とメラニン還元に高い効果が期待できます。

アスコルビル酸グルコシド(L-アスコルビン酸2-グルコシド、2-グルコシド、2-0-エチル-L-アスコルビン酸)

ビタミンCを肌に浸透しやすくするとともに安定させた成分。種類にもよりますが、肌内部で酵素によって分解されてビタミンCとしての働きをもちます。シミ予防とできてしまったシミケアの両方ができます。

アルブチン

刺激が強く敏感肌にはお勧めできない美白成分ハイドロキノンを参考にして開発された美白成分。人工的につくられたα-アルブチンは、安全性が高く、効果も天然のアルブチンの10倍と言われています。チロシナーゼの働きを阻害するとともに、ターンオーバーを促進させるため、高い予防効果があります。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種で、さまざまな薬に使用されてきた実績のある成分。メラノサイトを活性化するプラスミンという物質をブロックすることでシミ予防ができます。肝斑にも効果があるとして注目されています。(女性ホルモンに直接作用はしない)

プラセンタ

胎児と母体をつなぐ胎盤から抽出するエキスで、アミノ酸やたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど非常に栄養豊富です。肌の新陳代謝を活性化させるとともに強い抗酸化作用をもつため、シミ改善効果が期待できます。

ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)、1D-メラノ(ニコチン酸アミドW)

ビタミンB3の一種で、メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを阻害する働きをもちます。さらに、血行促進作用によって代謝が活発になりターンオーバーを促進するとともに、セラミドの合成をサポートする働きももちます。

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

資生堂が開発した独自の美白成分。チロシナーゼの働きを阻害するとともに、シミ部位での蓄積したメラニンを排出する働きをもちます。シミ予防に高い効果の期待できる成分と言えます。

ルシノール

ポーラが開発した独自の美白成分。チロシナーゼの働きを抑制する作用があるため、シミ予防になるのですが、その効果はアルブチンの数百倍もの高い美白効果と言われています。

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング