年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » シミくすみに!厚生労働省認可の美白有効成分一覧 » ビタミンC誘導体(VCエチル)

ビタミンC誘導体(VCエチル)

ビタミンC誘導体の働きと美白効果

ビタミンC誘導体のイメージ

美白にはビタミンCが良いというのは常識だけれど、「敏感肌・乾燥肌にはNG」だから使えない…と思っていませんか?
ビタミンCは乾燥しやすいために、肌質や時期によっては敬遠している人も多いはず。
しかし、ビタミンC誘導体にも、いろいろな種類があることはご存知でしょうか?

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いはなに?

それは、ビタミンCはとても良い成分だけれど、安定しづらく壊れやすいうえに、肌に浸透しづらいため、ビタミンCを安定させて吸収を良くした成分がビタミンC誘導体です。基本的には、吸収後に酵素によって分解され、肌内部でビタミンCとして働くこととなります。

では、ビタミンC誘導体にはどのような種類があるのか、簡単に一覧にしましょう。

リン酸アスコルビル(リン酸型)

水溶性で吸収が非常によく、即効性が期待できます。ホスファターゼと呼ばれる酵素で分解されることで肌内部でビタミンCへ変換。ホスファターゼは皮膚に多く含まれる酵素のため、分解されやすいのが特徴です。(酵素の量は個人差が大きいです)

アスコルビル酸グルコシド

水溶性で吸収力も安定性も高く、刺激は少ない。常温で長期保存ができ、安定型ビタミンC誘導体とも言われます。
ただし、グルコシターゼという酵素によって分解され、ビタミンCへ変換されるが、グルコシターゼが皮膚にあまり存在しないため、変換が難しく、効果が弱いと考えられています。

カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸(GO-VC)

水溶性と油溶性の両方を兼ね備えた新型ビタミンC誘導体です。
安定性が高く、乾燥性が少なく、ジェルにもクリームにも配合できるため、使用しやすい特徴があります。ただ、まだ高濃度配合には課題があり、安全性が確立していないそうです。(0.05~0.1%程度が推奨濃度)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

安定性の高い油溶性のビタミンC誘導体です。刺激性が少なく、保湿性が高いので、敏感肌・乾燥肌におすすめです。ただ、経皮吸収率は高いものの、分解に時間がかかるために即効性は期待できません。(遅効性ビタミンC誘導体と呼ばれるくらい)

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS、アプリシエ)

水溶性と油溶性の両方を兼ね備えたビタミンC誘導体です。
両親媒性としてはじめて開発されたもので、今では古いタイプと言えます。浸透性が非常に高く、刺激と乾燥の心配がないので人気を博しましたが、安定が非常に悪く、酸化が速いため、今ではあまり推奨されていないようです。

3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)

水溶性のビタミンC誘導体で、他のビタミンC誘導体とは違う変わり者です。なにが変わり者かと言うと、吸収後に分解する必要がないという点です。
そして、吸収率、即効性、持続性ともに高く、低刺激なのに効果は高い。つまり、ビタミンC誘導体のなかでも飛びぬけて使い勝手も効果も良いのです。

ビタミンC誘導体の成分の働きを解説

ビタミンC誘導体の働きは、主にシミやそばかすを防ぐサンケア対策や美白効果、またコラーゲン生成を促進し、シワを防ぐアンチエイジング効果などが挙げられます。

ここではビタミンC誘導体の種類別に、それぞれが持つ特有の効果について詳しく解説します。

in vitro試験で効果が認められているアスコルビル酸グルコシド

人の皮膚にはグルコシターゼが確認されていないため、前述の通りアスコルビル酸グルコシド(AG)の効果はあまり期待できませんが、in vitro試験においてはメラニン合成抑制作用、黒色メラニンの淡色化作用、紫外線による細胞ダメージ抑制作用、コラーゲン産生促進作用が認められています。

効果が薄いのに美白化粧品に使用される背景には、医薬部外品を取得することで訴求効果に繋がり、低価格で安全な化粧品を提供することが目的であるとも考えられます。

43時間以上の効果があるテトラヘキシルデカン酸アスコルビル

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)は、より低刺激で持続性があり、皮膚の中で43時間以上の作用効果があると言われています。

また、乾燥肌における炎症性皮疹(赤ニキビ)を改善させる働きがあるとされ、日本皮膚学会の「尋常性痤瘡治療ガイドライン2017」では、炎症性皮疹や炎症後の紅斑のビタミンC外用として、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルを推奨しています。

参考:『尋常性痤瘡治療ガイドライン2017』日本皮膚科学会

パルミチン酸アスコルビルリン酸はアンチエイジングにぴったり

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)は抗シワ作用があり、アンチエイジングに高い効果が期待できます。

アスコルビン酸2-グルコシド(AG)と細胞膜浸透性を比較した実験では、圧倒的にAPPSの方が高い効果が得られました。

また、シワの原因となる活性酸素量を比較したヒト繊維芽細胞培養実験では、APPSを添加した方が、未添加のものより大幅に活性酸素の量を抑える結果となっています。

メラニン色素の阻害効果がある3-O-エチルアスコルビン酸

3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)は、メラニン単量体の重合を抑制し、メラニン色素を作り出すチロシナーゼに対する阻害効果があり、医薬部外品の主剤としての使用が可能です。また、ローションや乳液などの香粧品にも使用されています。

日本精化によるパッチ試験では、皮膚刺激性や皮膚感作性もなく安全性の高い成分であることが確認されています。

なんといってもオススメはVCエチル!

いろいろな種類のビタミンC誘導体をご紹介しましたが、今一番人気が高くオススメしたいのは「VCエチル」です!その素晴らしさ、詳しくご紹介します。

そのまま使える

ビタミンC誘導体をビタミンCとして皮膚内部で活用するには、酵素が必要だとお話しました。しかし、VCエチルに関しては、酵素を必要とせず、吸収されたままの形で働くことができます。速攻型ビタミンC誘導体と呼ばれるゆえんです。

安定性・持続性が高い

VCエチルは熱に強く、酸化しづらい、非常に安定性の良いビタミンC誘導体です。しかも、普通であれば6~8時間という持続性なのに対し、VCエチルは72時間という持続性を持っています。

吸収率が高く低刺激

水溶性であるにも関わらず、非常に皮膚への吸収が高く、安定性が高いため弱酸性で低刺激です。(安定が悪い場合、アルカリ性よりにしないと安定しないそう。VCエチルはその必要がありません)

ビタミンC含有量が多い

ビタミンC誘導体の種類によってビタミンCの比率が異なります。そのため、同じ1%のビタミンC誘導体を配合しても、種類によってビタミンC含有量が異なるのです。

ピュアなビタミンCを100とすると、

参考:https://nikibi.koenji.clinic/archives/813

と、非常にビタミンCをたくさん含んでおり、たくさんのビタミンCを皮膚内部で活用できるのです。

VCエチルの効果とは?

メラニンの還元

他のビタミンC誘導体と同じように、黒色化メラニンの色を薄くする還元作用があります。

チロシナーゼの働きを阻害

メラニンがシミになるには、酵素であるチロシナーゼの働きが必要になります。チロシナーゼの働きを阻害する作用があるため、シミが作られるのを抑制することができます。

プレメラニンへの働き

年中降り注ぐUV-Aによって、プレメラニンが集結し、重なり合うことでもシミはあらわれます。(メラノサイトによるものとは違う経路です)これは日焼け後数日してからジワジワあらわれるシミです。

この重なり合いを防いでくれる「メラニン単量体の重合抑制作用」というものを持ちます。そのため、UV-Aを要因とする、ゆっくりあらわれるシミを抑制してくれるのです。

ビタミンC誘導体配合の美白化粧品

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」

VCエチルを配合。チロシナーゼ抑制作用とメラニン重合抑制作用によって、Wでシミ予防ができます。さらに、即効性・持続性も期待できます。

金額/内容量

4,000円(税抜き)/100mL

美白有効成分

トラネキサム酸、プラセンタ、新鋭型ビタミンC誘導体(VCエチル)、アルブチン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

ナノ化セラミド、低分子エラスチン、加水分解コラーゲン末、加水分解ヒアルロン酸、スフィンゴ糖脂質、水酸化大豆リン脂質

アルージェ「ホワイトニングエッセンス」

2-グルコシドを配合。天然セラミドによって保湿がしっかりされ、ノンアルコール・ノンパラベン・無香料・無着色など肌にやさしいエッセンスとなっています。

金額/内容量

3,600円(税抜き)/30mL

美白有効成分

ビタミンC誘導体(2-グルコシド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

天然セラミド、グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸、水添大豆リン脂質

ノエビア「トゥブラン薬用ホワイトニングローション」

L-アスコルビン酸2-グルコシドを配合。浸透力が高く、即効性が期待できます。保湿成分もたっぷり配合しているため、素早く肌を潤わせてくれます。

金額/内容量

5,800円(税抜き)/160mL

美白有効成分

ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

グリチルリチン酸ジカリウム、サンゴ草抽出液、アーティチョークエキス、ヒメフウロエキス、セイヨウハッカエキス

ビタミンC誘導体の注意点とは?

配合成分を確認し、どの種類のビタミンC誘導体を使用しているのかを確認することが重要です。種類によっては、酸化の速いために効果の少ないものや、乾燥してしまうものもあります。

そのため、できればVCエチルを配合している美白化粧品を選ぶことをオススメします。

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング