年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » シミくすみに!厚生労働省認可の美白有効成分一覧 » トラネキサム酸

トラネキサム酸

トラネキサム酸の働きと美白効果

トラネキサム酸のイメージ

厚生労働省認可の美白有効成分であるトラネキサム酸は、合成アミノ酸の一種で、医療現場で使用されている成分です。

その働きは、炎症やアレルギーの抑制です。たとえば、風邪で喉が炎症を起こしたときに服用して抑えたり、湿疹やじんましんの治療、止血などに使われています。

そんなトラネキサム酸に美白効果があると認められ、最近では美白化粧品に配合されるようになりました。

トラネキサム酸の肌への効果は炎症抑制作用

そもそも炎症抑制や止血で使用されてきたトラネキサム酸は、プラスミンという物質の働きを抑える働きを持ちます。

プラスミンは血が固まるのを妨げる働きがあるので、その作用を阻害することで止血作用があるわけです。

このプラスミン、炎症やアレルギーにも関係があるそうなのです。

その働きを抑えるトラネキサム酸により、肌荒れやアレルギー反応の抑制効果も期待できます。

元々医療現場でじんましんや湿疹などの治療に使われていたくらいですから、作用は大きいと言えます。

そのため、肌荒れ防止だけでなく、炎症後の色素沈着にも効果的です。

トラネキサム酸は2つのシミの原因を阻害する

実はプラスミンは、メラノサイト活性化因子とも言われます。プラスミンがメラノサイトに刺激を与えてしまうのです。

このメカニズムをくわしく解説いたしますと、表皮細胞に女性ホルモンや紫外線による過度な刺激が加わると、プラスミンがメラノサイト活性化因子として活発に作用して警告シグナルを送ります。

するとメラノサイト内でメラニン生成酵素チロシナーゼが働き、アミノ酸であるチロシンが徐々にドーパへと変化。

最終的にはメラニン色素へ変化して肌のバリア効果を強める仕組みになっています。

この作用が行き過ぎて、必要以上のメラニンが生成されたり、また肌の代謝・ターンオーバーが低下することでメラニンを多く含む肌細胞の入れ替わりが不十分になると、それが原因でシミや肝斑となって肌表面に残留してしまうのです。

さらに、同じようにメラノサイト活性化因子のプロスタグランジンという物質。これもメラノサイトに影響を与えることでシミの原因となります。

この2つのシミの原因となる物質の働きを阻害することで、トラネキサム酸は高い美白効果があると考えられているのです。

トラキネム酸は医療現場では主に止血剤として利用されている

シミや肌斑の原因となるプラスミンやプロスタグランジンを不活化する働きをもつトラネキサム酸は、もともとは血液凝固を防ぐ抗出血・抗アレルギー・抗炎症反応効果が期待されていて、主に止血剤として利用されています。

例えば白血病、再生不良性貧血や紫斑病などの疾患、肺出血や鼻出血、性器出血といった異常出血、扁桃炎や咽喉頭炎からくる咽の痛みや口内粘膜アフターでもトラネキサム酸が頻繁に使われています。

皮膚科や美容外科などでは、メラノサイトへメラニン色素の生成を妨げる効果から、シミの治療薬として処方されるのが一般的です。[注1]

しかも、これらの物質は紫外線だけでなく、女性ホルモンやストレスなどによっても産生されるため、これらを原因として起こる肝斑やそばかすにもトラネキサム酸は有効であると言われています。

ちょっと話が難しくなりましたが、つまりトラネキサム酸は紫外線によるシミだけでなく、肝斑や老人性色素班、炎症の色素沈着にも効果が期待できるのです。

[注1]一般財団法人 日本医薬情報センター「iyakuSearch」:抗プラスミン剤 日本薬局方 トラネキサム酸錠[pdf]

トラネキサム酸配合の美白化粧品

美白化粧品のイメージ

美容機関でも肝斑治療で処方されているトラネキサム酸を処方。

さらに、プラセンタやアルブチン、ビタミンC誘導体など、先進の有効美白成分を惜しみなく配合した最先端とも言える美白美容液です。

肌ケアの基本は、肌のキメやツヤ、瑞々しさに若々しい弾力を蘇らせること、すなわちアンチエイジングです。

トラネキサム酸配合の化粧品を選ぶ際は、肌のターンオーバーを活性化させる有効成分に優れたもの、トータルで美肌効果に優れた美白化粧品を選びましょう。

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」

金額/内容量

4,000円(税抜き)/100mL

美白有効成分

トラネキサム酸、プラセンタ、新鋭型ビタミンC誘導体(VCエチル)、アルブチン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

ナノ化セラミド、低分子エラスチン、加水分解コラーゲン末、加水分解ヒアルロン酸、スフィンゴ糖脂質、水酸化大豆リン脂質

トランシーノ「ホワイトニングクリアローション」

低刺激性、無香料、無着色の美白化粧水。

トラネキサム酸による美白だけでなく、潤い成分をたっぷり配合し、ターンオーバーを正常化するサポートを行います。透明感にも強いこだわりを持つ薬用ローションです。

金額/内容量

3,600円(税抜き)/175mL

美白有効成分

トラネキサム酸

その他有効成分と代表的な保湿成分

ハス種子発酵液、アンズ果汁、水酸化大豆リン脂質

HAKU「メラノフォーカス3D」

独自の美白有効成分である4MSKとm-トラネキサム酸を配合した美白美容液。

美白成分2つをバランス良く配合することで、すばやく浸透する働きのある4MSKがm-トラネキサム酸を肌の内側へ引き込んでくれるため浸透が良く、効果を実感しやすいアイテムです。

金額/内容量

10,000円(税抜き)/45g

美白有効成分

4MSK、m-トラネキサム酸

その他有効成分と代表的な保湿成分

ハス種子乳酸菌発酵液、ヒアルロン酸

トラネキサム酸の注意点とは?

基本的にトラネキサム酸は、肌表皮に塗布して使うよりは内服薬として服用し、血液によって皮膚の深層部にあるメラノサイトまで運んでもらう方が効果は高まります。

医療機関で内服薬の処方が多いのもその為です。

ただしトラネキサム酸は服用する場合もあるのですが、その場合、食欲不振や胸やけ、嘔吐といった副作用が起こる可能性があります。[注2]

そのため、シミ対策の場合は塗布するのがオススメです。副作用のリスクは化粧品のほうがはるかに少ないですから。

ただし、止血剤として使用されていたくらい、血を固まりやすくしてしまうため、心筋梗塞や脳梗塞、血栓性静脈炎、妊娠中、授乳中の方は、化粧品の場合でも念のため主治医に確認してくださいね。

ちなみに併用禁忌の医薬品としてはトロンビン。併用注意役としてはヘモコアグラーゼやバトロキソビン、凝固因子製剤があります。治療薬として処方されている方は要注意です。

また、トラネキサム酸は水溶性成分ですので、基本的には肌の角質層を通り難い性質を持っています。

つまり肌表面に塗りつけても、肌に浸透する事は少なく、大方は皮脂に弾かれて流れ落ちてしまいます。

そこでクリームタイプの、油脂性基剤の美容液や化粧品を選ぶと良いでしょう

特に、経皮吸収性の高いものだと効果はUP。ご購入の際にはこの点も注意してみてくださいね。

[注2]一般財団法人 日本医薬情報センター「iyakuSearch」:抗プラスミン剤 日本薬局方トラネキサム酸カプセル[pdf]

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング