年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » シミくすみに!厚生労働省認可の美白有効成分一覧 » ナイアシン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

ナイアシン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

ナイアシン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)の働きと美白効果

美肌

ナイアシンアミドは、ニコチン酸アミドとも呼ばれているビタミンB3です。米ぬかや牛の肝臓から抽出される天然の成分なのですが、最近では合成されているそうです。

その美白効果には定評があるそうです。元々、シミはメラノサイトという細胞から作られるメラニンというものが黒色化したものです。メラニンは、メラノサイト内でメラノソームというカプセルの中で生成され、それが肌細胞に受け渡されることでシミとして出てきてしまいます。

ナイアシンアミドはメラソノームの働きを抑制する

ナイアシンアミドは、メラノソームの働きを抑えてくれる作用があるため、メラニンの受け渡しがされずにシミができないというわけです。つまり、シミの予防をしてくれるのです。

さらに、ナイアシンアミドにはセラミドの合成を促し、バリア機能を正常化してくれる働きがあるとわかっています。セラミドは脂肪間脂質と呼ばれ、肌の潤いを維持してくれています。そのセラミドを足すのではなく、自分で作るのを手助けしてくれるのですから、保湿力は非常に高いと言えます。

潤いが維持されていて、バリア機能が正常に働いていれば、シミを防ぐ力も強くなりますし、透明感も維持できます。

また、ナイアシンアミドのもうひとつの作用として、血行促進作用があります。これにより、栄養や酸素がきちんと細胞に届き、ターンオーバーが促進されることで、古い角層やシミを排泄し、徐々に透明感のある白肌が実現できるのです。

ナイアシン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)配合の美白化粧品

SK-Ⅱ「薬用美白ローション」

厚生労働省認可の、マックスファクターが開発したニコチン酸アミドWを美白成分として配合した美白化粧水です。そのほかにも、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などサポート成分としてもかなりハイスペックです。

ビタミンCには抗酸化作用やメラニンの生成を抑制する作用があり、美肌に有効な成分として知られています。しかしビタミンCは光や熱、酸化によって簡単に失われてしまうため、化粧品に配合しても肌に吸収されにくいという欠点がありました。そのビタミンCの欠点を克服した成分が、ビタミンC誘導体です。[注1]

ビタミンC誘導体はビタミンCを安定化させた成分で、体内の酵素の働きによってビタミンCに変化するという性質をもっています。そのため化粧品に配合すると体内に吸収されやすく、体内でビタミンCとしての効果を十分に発揮してくれるのです。メラニンを抑制する美白成分としてはもちろん、抗酸化作用によってニキビの炎症やニキビ跡ができることを防ぐための成分としても活用されています。[注2]

保湿成分として配合されているヒアルロン酸は、水分を非常に多く保つ性質をもつ成分です。肌に塗ると肌表面に保水性の高い膜を作ってくれるので、肌をしっとりさせたい、乾燥からくる皮膚トラブルを予防したい方に効果を発揮してくれるでしょう。[注3]

金額/内容量

9,000円(税抜き)/100mL

美白有効成分

1 D-メラノ(ニコチン酸アミドW)、ビタミンC誘導体(L−アスコルビン酸 2−グルコシド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

ツボクサエキス、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na-2

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」

美白だけでなく、ハリを出したり、セラミドをサポートしてくれる働きを期待してナイアシンアミドを配合。ほかにも、近年注目されている成分や学会・専門家から高評価を得ている成分を厳選して独自処方で配合した美白美容液です。

美白有効成分として配合されているトラネキサム酸は、服用することで肝斑を改善する効果があります。また服用せずに肌に塗ることで、メラノサイトの周囲の細胞に働いて、メラニン生成を抑制する効果があると考えられています。[注1]

あくまで新たなメラニンの生成を抑制するということなので、できてしまったシミをすぐに改善できるというわけではありませんが、新たなシミを増やさない効果が期待できるでしょう。

またプラセンタは、メラニンの形成を阻害してシミを予防する効果や、保湿効果、肌の角質をやわらかくする効果があることが確認されています。さらに抗酸化作用や、炎症を抑えてアレルギーを緩和する作用も。シミを予防したい方にはもちろんのこと、ニキビや肌荒れに悩んでいる方にもおすすめの成分です。[注4]

アルブチンも美白効果が期待できる成分の一種です。アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンの2種類がありますが、化粧品には主にα-アルブチンが配合されています。α-アルブチンはヒトの皮膚に近い培養皮膚を用いた実験で、メラニン生成の原因となる「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑えることが確認されました。そのためアルブチンは美白効果のある安全な成分として期待が高まっているのです。[注5]

金額/内容量

4,000円(税抜き)/100mL

美白有効成分

トラネキサム酸、プラセンタ、新鋭型ビタミンC誘導体(VCエチル)、アルブチン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

ナノ化セラミド、低分子エラスチン、加水分解コラーゲン末、加水分解ヒアルロン酸、スフィンゴ糖脂質、水酸化大豆リン脂質

SK-Ⅱ「ジェノプティクス オーラ エッセンス」

有名かつ人気の高い美白美容液です。曇った肌を内側から輝かせるための美白成分、保湿成分などをたっぷり配合し、数々のアワードを受賞した注目のアイテムです。

金額/内容量

16,000円(税抜き)/30mL

美白有効成分

1 D-メラノ(ニコチン酸アミドW)、ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

イノシトール、プルーンエキス

ナイアシン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)の注意点とは?

ナイアシンアミドは、とても刺激の少ない成分で、さまざまな肌質に人でも使用できる使い勝手の良い成分と言えます。

ただし、服用した場合、過剰摂取すると肝臓への負担が増えて肝臓障害のリスクが高くなったり、肌にかゆみやほてり、痛みが出るなどの弊害が出る可能性があります。そのため、美白を求めてナイアシンアミドを使用するのであれば、化粧品で使用することをオススメします。

[注1]日本医科大学:美白医薬品の効果と安全性[pdf]

[注2]岡山大学薬学部:アスコルビン酸(ビタミンC)誘導体の開発動向[pdf]

[注3]ポーラ静岡研究所・製品研究部:ヒアルロン酸ナトリウムの保湿性[pdf]

[注4]株式会社壽ケミカル 山科研究所:プラセンタエキス中の活性成分の検討[pdf]

[注5]FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age) :α-アルブチンの開発:工業スケールでの製造および美白化粧品原料への応用[pdf]

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング