年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » シミくすみに!厚生労働省認可の美白有効成分一覧 » エラグ酸

エラグ酸

エラグ酸の働きと美白効果

美白女性

厚生労働省認可の美白有効成分であるエラグ酸は、ブラックベリーやイチゴ、ラズベリー、ザクロなどの植物に含まれる天然ポリフェノールの一種です。

美白の効果は、なんと美白界では有名なハイドロキノンと同じくらいのパワーを持っているそうです。ハイドロキノンと言えば、肌を漂白してくれるというほどの強い美白効果を持った成分ですから、それと並ぶほどのパワーであれば、エラグ酸の美白効果も相当なものです。

チロシナーゼの働きを抑制するエラグ酸

働きとしては、メラニンを酸化させて黒色メラニンにしてしまう酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制することで、黒色メラニンの生成を減らしてくれるのです。

さらに、エラグ酸のすごいところは高い抗酸化力にあります。体の酸化は健康への悪影響だけでなく、美容の天敵とも言えます。老ける原因は酸化と言われていますから、酸化を抑制してくれるエラグ酸によってアンチエイジング効果も期待できるのです。

エラグ酸の成分の働きを解説

エラグ酸は、炎症後色素沈着、胆斑、老人性色素斑などの色素沈着症において改善の効果が認められています。

以下では、色素沈着症の被検者70人を対象に、エラグ酸の有用性を調べるために行った臨床検査の結果と照らし合わせながら、エラグ酸の効果があると見られる症状や成分の働きについてご紹介します。

エラグ酸の有用性を調べる臨床検査

エラグ酸の効果があると見られる症状と成分の働き

炎症性色素沈着

虫刺されやニキビ、傷、火傷、湿疹など皮膚に炎症が起きると、新しい細胞が作られ肌のダメージを回復しようとしますが、その場合にメラニンが過剰に生成されシミになるものを炎症性色素沈着といいます。

メラニンと聞くと日焼けやシミのイメージから、黒いものを想像する方も多いと思いますが、実はメラニンそのものは黒くはなく、チロシナーゼという酵素の働きによって黒色化します。

エラグ酸にはこのチロシナーゼの活性化を抑制する作用があるため、結果的に美白効果も期待されます。実際に、改善度評価においても、エラグ酸が炎症性色素沈着に高い効果を発揮していることがわかります。

肝斑

肝斑とは、30~40代になると目の下辺り左右両方の頰に対象に出るシミで、女性ホルモンのバランスの崩れが原因と言われています。

体の内面的要素が大きい胆斑ですが、紫外線により濃くなることもあるため、上述の炎症性色素沈着の場合と同様、エラグ酸の持つ美白効果による改善が期待されます。

やはり体の内面的要素が多いため著明な改善は少ないものの、何らかの改善を感じている方の割合は高く、肝斑の中でも紫外線の影響で濃くなったものに対してエラグ酸の美白効果が働いていると予想されます。

老人性色素斑

老人性色素斑とは一般的に「シミ」と呼ばれるもので、紫外線を受けやすい頬骨などを中心に長年紫外線を浴びることにより発生します。しかも、老人性とは言うものの、紫外線を多く浴びていることで30代頃から目立つようになります。

メラニン色素の影響によるものですのでエラグ酸の美白効果が有効に働くことはもちろん、エラグ酸の持つ抗酸化作用により肌の酸化、つまり老化の防止にも効果的です。

長年蓄積されてきたシミということで、著明な改善は見られないものの、肝斑と同様に何らかの改善を感じている方の割合は高くなっています。

70%の方が約3ヶ月以内にその効果を実感

臨床検査において、改善の効果が出始めた時期は、使用1ヶ月以内が約43%、2ヶ月以内が約66%、3ヶ月以内が約70%という結果が出ています。

副作用も無く安全

使用1~2カ月でニキビの発生が4例ありましたが、わずかであり、エラグ酸配合製剤に起因するものではなく、体質的なものだと判断。

また塗布することで、色素沈着の悪化や患部の脱色も見られず、エラグ酸による副作用はないものと検証されました。

エラグ酸配合の美白化粧品

DHC「薬用エイジアホワイト ミルク」

無香料、無着色、パラベンフリー、天然成分配合の医薬部外品。美白効果の高いエラグ酸とアルブチンをW処方し、さらに潤い成分をたっぷり配合。和漢植物エキスによるアンチエイジング効果も期待できる美白乳液です。

金額/内容量

4,286円(税抜き)/100mL

美白有効成分

エラグ酸、アルブチン

その他有効成分と代表的な保湿成分

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン

パーフェクトワン「薬用SPホワイトニングコンセントレート」

アルブチンとエラグ酸のW処方でメラニン生成を抑制するとともに、23種類もの保湿成分によってもっちり潤いのある肌へ導きます。特殊な均一微細乳化技術により、角質層までしっかり浸透させます。合成香料、合成着色料、パラベンフリーの部分用美白美容液です。

金額/内容量

4,500円(税抜き)/18g

美白有効成分

アルブチン、エラグ酸

その他有効成分と代表的な保湿成分

グリチルリチン酸ジカリウム、複合型コラーゲン、紫根エキス、ブライトニングブースター(ハス種子乳酸菌発酵液、ウンデシレノイルフェニルアラニン)

クリスタルジェミー「ジェミーチェンジWリポホワイト」

エラグ酸に加え、ビタミンC誘導体も配合され、メラニン生成を抑制する働きを持つ薬用クリーム。さらには、保湿にも着目し、たっぷりの保湿成分にくわえ、保護成分や美容成分をバランス良く配合。使用感にもこだわったロングセラーのアイテムです。

金額/内容量

12,000円(税抜き)/40g

美白有効成分

エラグ酸、ビタミンC誘導体

その他有効成分と代表的な保湿成分

ソウハクヒエキス、ダイズエキス、アロエエキス、海藻エキス、クロレラエキス、カッコンエキス、ビフィズス菌エキス、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン末、クチナシエキス、サクシニルアテロコラーゲン液、卵黄リゾホスファチジルコリン 、ニンジンエキス

エラグ酸の注意点とは?

エラグ酸はポリフェノールの一種で、サプリメントにも使用されている成分のため、安全性は高いと言えます。ベリーやマメ科の植物にアレルギーさえなければ、特に心配する必要はないようです。

ただ、エラグ酸は値段が高いというデメリットがあるからか、配合されている化粧品はとても少ないのが現状です。

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング