年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » シミくすみに!厚生労働省認可の美白有効成分一覧 » アルブチン

アルブチン

アルブチンの働きと美白効果

美白

アルブチンとは、厚生労働省認可の美白有効成分です。美白に興味がある方なら、「ハイドロキノン」という名前は聞いたことがあるはず。非常に漂白効果が高く、シミに非常に有効だとされているものの、刺激が強く、さらに発がん性の危険性などさまざまなリスクが叫ばれ、気軽に使うのはためらってしまう美白成分です。

実は、アルブチンはハイドロキノンとちょっと似ている成分なのです。なぜなら、ハイドロキノンを参考に作られたからです。

ハイドロキノンを参考に作られたアルブチン

え?でも、アルブチンってコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている成分だよね?と思った方もいるはず。実は、アルブチンには2種類あります。αアルブチンとβアルブチンです。元々アルブチンと呼ばれていたのはβアルブチンを指します。

しかし、ハイドロキノンのように高い効果だけれど、肌にはやさしい成分はできないものか?と開発されたのがαアルブチンなのです。このαアルブチンはハイドロキノン誘導体とも言われ、ハイドロキノンとグルコースをα結合させて作られたそうです。これが、ハイドロキノンのような副作用のリスクは少なく、効果は高い成分なのです。

アルブチンはチロシナーゼの働きを抑制する

元々シミができる原因は、メラニンとチロシナーゼ(酵素)にあります。紫外線を浴びると、肌を守ろうとメラニンが生成されます。このメラニン、「チロシン」と呼ばれるものなのですが、チロシナーゼが活発化してチロシンを酸化させることで黒色メラニンになってしまいます。このチロシナーゼの働きを抑制する作用をアルブチンは持っています。そのため、美白に役立つ成分として注目されているのです。

効果と安全性のバランスが取れているのはアルブチン

効果の高さで言えば、ハイドロキノンが100ならαアルブチンは10、βアルブチンは1だそうです。

逆に、安全性で言えば、αアルブチンが一番アレルギー反応や刺激の心配がなく、続いてβアルブチン、ハイドロキノンの順番になります。

つまり、αアルブチンは安全性と効果の高さのバランスが非常に良い成分と言えます。

アルブチンの成分の働きを解説

チロシナーゼの活性阻害に最も効果の高いアルブチンですが、βアルブチンの10倍の効果を持つαアルブチンについて、開発元の江崎グリコではさまざまな方法で試験を行っています。

人による検証

60人の被験者がαアルブチン、βアルブチン、コウジ酸、それぞれの美白成分1%が配合されたクリームを1日に2回塗布し、3カ月後の明度差を比較しました。

そして、試験を開始後、1カ月目からメラニン抑制の効果が最も高かったのはαアルブチンで、その効果は3カ月間持続したのです。

また、無添加、αアルブチン濃度1%、2%、アスコルビル酸リン酸Na濃度3%の各クリームを塗布し、紫外線を照射させ明度差を比較する臨床試験も行なっています。

1週目ではアスコルビル酸リン酸Na濃度3%のクリームの即効性が認められたものの、14日目にαアルブチン濃度2%のクリームが上回り、21日目には他の3つのクリームに差をつけて、その効果を発揮しました。

この実験により、紫外線による日焼けを抑制するαアルブチンの効果は、濃度に依存していることも実証されました。

参考:『α-アルブチン』グリコ栄養食品株式会社

ヒト皮膚モデルによる検証

より皮膚に近い培養ヒト皮膚3次元モデルを用いた細胞レベルでの試験では、125µg、250µg、500µg、それぞれの量のαアルブチンを投与し、メラニン生成抑制作用について検証しています。

αアルブチンの投与量が多いほど、黒色化を抑制していることが肉眼でも確認できます。培養後に測定したメラニン量は125µgが70%、250µgが40%と、濃度依存的であることが分かります。

また、αアルブチンの投与による細胞の生存についてもMTTアッセイ法を用いて調べ、αアルブチン500µgを投与した場合でも細胞の生育に影響がないことが実証されました。

ヒト皮膚モデルの表皮に投与されたαアルブチンの約70%が、48時間の培養後に培地中から検出されていますが、副作用の強いハイドロキノンは検出されていません

このことから、メラニン生成抑制の効果は、糖と結合しているハイドロキノンが分解したためではなく、αアルブチンによるものであることが確認されました。

参考:『α-アルブチンの開発:工業スケールでの製造および美白化粧品原料への応用』Sugimoto Kazuhisa, Nishimura Takahisa, Kuriki Takashi

アルブチン配合の美白化粧品

アルブチンに加え、独自成分「ナノAMA+」も配合されているため、みずみずしく潤いながら美白ケアをすることのできる美白アイテムです。

アスタリフト「ホワイトブライトローション」

その他有効成分と代表的な保湿成分:グリチルリチン酸ジカリウム、コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、ヒアルロン酸Na-2、大豆リン脂質

金額/内容量

3,800円(税抜き)/130mL

美白有効成分

アルブチン

キャメロン&ガブリエル「天使の聖水」

美白だけでなく、アンチエイジングの面でも優秀な先進美肌成分を多数配合。化粧水を兼ねた美容液で、手間もいらず、価格も抑えてあるため、効果と続けやすさの両面でオススメのアイテムです。

金額/内容量

4,000円(税抜き)/100mL

美白有効成分

トラネキサム酸、プラセンタ、新鋭型ビタミンC誘導体(VCエチル)、アルブチン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

その他有効成分と代表的な保湿成分

ナノ化セラミド、低分子エラスチン、加水分解コラーゲン末、加水分解ヒアルロン酸、スフィンゴ糖脂質、水酸化大豆リン脂質

アルブチンの注意点とは?

アルブチンの効果はチロシナーゼの働きを阻害するものなので、予防に高い効果があると言えます。つまり、できてしまったシミへの効果はあまり期待できません。そのため、他にも美白成分が配合されたアイテムだと効果はさらに高まります。

アルブチン自体は、用量・用法を守って使いさえすれば、刺激も少なく副作用も心配する必要はありません。

ただし、アルブチンを使っていれば紫外線を浴びてもシミはできないというわけではありませんので、最低限紫外線対策はしておきましょう。

さらに、ビタミンCと併用するとシミへの効果が高まると言われていますので、ビタミンCも一緒に配合されている化粧品を選んでみると良いかと思います。

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング