年齢肌・敏感肌へのおすすめ美白化粧品 » シミくすみに!厚生労働省認可の美白有効成分一覧

シミくすみに!厚生労働省認可の美白有効成分一覧

美白化粧品の効果とは?

シミが気になりだす時期。美白化粧品を使ってみようかな、と思う人が増えるかと思います。しかし、なんとなく使っている人も多いのでは?

美白化粧品は、魔法の薬ではありません。そのため、できることとできないことがあります。

美白化粧品の効果

つまり、肌を潤わせつつ、シミやそばかすのケアをするのが美白化粧品の効果です。

逆に、元の肌色よりさらにワントーンアップさせたり、塗った次の日に肌を白くすることは、残念ながらできません。

そして、どの美白化粧品でも効果が一緒ではなく、配合されている美白成分・美肌成分によって効果は異なってきます。

厚生労働省認可の成分って?

そこで、オススメしたいのが、厚生労働省認可の美白有効成分の入った化粧品です。これは、厚生労働省が美白効果がありますよ、と認めた成分を配合しているということなのですが、この美白成分が一定基準の分量配合されている化粧品は「薬用」「医薬部外品」と記載でき、化粧品とは区別されます。

厚生労働省認可の美白有効成分の一部を、メラニンを薄くするものと、予防するものに分けてご紹介します。

メラニンを作る過程を阻害する+できてしまったシミを還元する

メラニンを作る過程を阻害する

美白化粧品を使うとなぜ肌が明るくなるの?

美白化粧品と言うと、美白成分で肌を白くするもの、と思っている方が多いかもしれませんが、実はそれだけではありません。

この2つの重要な働きも美白化粧品には含まれているのです。

美白有効成分による働き

肌にシミができるのには、当然原因があります。主な原因は紫外線で、刺激を受けた皮膚は自分を守るためにメラノサイトにメラニンの生成を指示します。それによってメラニンが作られ、さらに酵素チロシナーゼによって黒色化してしまうのです。

そこで、化粧品メーカーはさまざまな研究を行い、シミができる過程のどこかを断ち切ることでシミを防ぐ化粧品を作っています。

美白成分によって働きは異なるのですが、チロシナーゼの働きを抑制させることでメラニンの生成を減らす作用のある成分の入った美白化粧品が多くなります。これにより、シミ予防が可能となります。

また、少ないのですが、ビタミンC誘導体のようにできたシミの還元作用(シミを薄くする作用)を持っている成分もあるので、そういった成分が含まれた化粧品であれば、既存のシミにも効果的です。

保湿成分による働き

老化や肌トラブル、その多くが乾燥によって進行すると言われています。とにかく、乾燥は美肌の大敵なのです。

透明感に関してもそうです。水分をたっぷり吸った煮込み大根が透明になるように、人の肌も潤いが増すと透明感が引き出されます。

そのため、美白化粧品にも、保湿成分をたっぷり配合したものが多く、それによって透明感がでたり、肌が柔らかくなることでその後に使う化粧品の浸透を良くしたりしてくれます。

ターンオーバーの正常化

本来、肌はだいたい28日周期で新しく生まれ変わります。これがターンオーバーです。これが正常であれば、紫外線を浴びてメラニンが作られても、多少炎症が起こっても元に戻り、綺麗な肌は維持できます。

しかし、年齢とともにシミができたり、くすんだりするように、歳を重ねるごとにターンオーバーがズレていきます。また、乾燥など、潤い不足によってもターンオーバーは長くなってしまいます。それにより、肌に残ったメラニンは黒色化して居残ってシミとなってしまい、古い角質も排出されずに残ってくすみとなってしまうのです。

このターンオーバーを正常化する働きのある成分を配合したり、潤い成分によって角質層が潤ってターンオーバーが正常化することでシミ予防や透明感につながるのです。

では、美白有効成分にはどのような働きや効果があるのでしょうか?各ページでは、美白有効成分について詳しくご紹介しています。

厚生労働省認可の美白有効成分一覧

ビタミンC誘導体(VCエチル)

安定性・浸透性・即効性・持続性すべてで◎のVCエチル

厚生労働省認可の美白有効成分。ビタミンC誘導体にはさまざまな種類があります。その中でも、VCエチルは非常に優秀な変わり種。酵素を必要とせずにそのままビタミンCとして使えるので即効性もあり、安定性も高いので化粧品にも使用しやすい。さらには、肌にやさしく、乾燥もしない。シミ予防としても効果が高く、できてしまったシミへも効果があるので、敏感肌・乾燥肌にはオススメの美白有効成分です。

ビタミンC誘導体配合のオススメ化粧品や注意点などもまとめています。

ビタミンC誘導体(VCエチル)に期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

アルブチン

ハイドロキノンを参考に効果と安全性のバランスを考えたアルブチン

厚生労働省認可の美白有効成分。美白界では知らない人のいないハイドロキノン。その成分を参考に、効果はできるだけ高く、肌にはやさしく作られたのがアルブチンです。アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンがあり、現在の主流はαアルブチンです。チロシナーゼの働きを阻害することで、シミ予防に役立ちます。アルブチンは、安全性と効果のバランスが良いと言われています。

アルブチン配合のオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

アルブチンに期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

エラグ酸

ハイドロキノンと同等の美白効果に抗酸化作用まで持つエラグ酸

厚生労働省認可の美白有効成分。天然ポリフェノールの一種なので、安全性が高く、安心して使えるのに、その美白効果はハイドロキノンと引けを取らないレベルと言われています。作用としては、チロシナーゼの働きを抑制することでシミの生成を減らしてくれます。さらには、高い抗酸化作用もあるため、美白だけでなく、エイジングケアにも大きな働きを持つのがエラグ酸の大きな特徴と言えます。

エラグ酸配合のオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

エラグ酸に期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

トラネキサム酸

シミだけでなく、肝斑や老人性色素班への作用も期待できるトラネキサム酸

厚生労働省認可の美白有効成分。合成アミノ酸の一種で、医療現場でも使用され、炎症やアレルギーの抑制効果を持っています。プラスミンという物質がメラノサイトに刺激を与えることでメラニンが生成される過程を阻害することで、高いシミ予防効果を持ちます。トラネキサム酸は、肝斑や老人性色素班、炎症後の色素沈着にも効果が期待できるという大きな特徴を持ちます。

トラネキサム酸配合のオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

トラネキサム酸に期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

リノール酸

保湿やターンオーバーの正常化もしてくれるスーパー美白成分リノール酸

厚生労働省認可の美白有効成分。不飽和脂肪酸の一種で、スーパー美白成分と呼ばれています。美白効果以外にも、保湿力が高く、炎症を鎮める働きも持ちます。より肌で活用できるよう開発されたリノール酸Sは、チロシナーゼの分解作用を持っているため、チロシナーゼ自体を減らしてくれます。さらに、ターンオーバーを正常化してくれるため、透明感ある肌を得ることができます。

リノール酸配合のオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

リノール酸に期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

コウジ酸

麹菌を扱う職人の手の美しさから発見された抗糖化作用も持つコウジ酸

厚生労働省認可の美白有効成分。酒などの醸造所で麹菌を扱う人の手が白く美しいことから発見された麹菌由来の成分です。チロシナーゼの働きを阻害してくれることでシミ予防ができるとともに、抗糖化作用があるのがコウジ酸の大きな特徴です。くすみの原因となる糖化を防ぐことで、くすみ予防にもなり、黄ぐすみもケアしてくれるため、透明感には欠かせない成分と言えます。

コウジ酸配合のオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

コウジ酸に期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

プラセンタエキス

栄養が凝縮された、美肌にとって欠かせないプラセンタエキス

厚生労働省認可の美白有効成分。動物の胎盤から抽出した成分で、とても栄養が詰まっているのが特徴です。チロシナーゼの働きを抑制してくれるだけでなく、代謝促進作用を持つため、シミ予防に加えくすみにも効果的です。また、保湿成分も多く、抗酸化作用の強いビタミンCやEも含まれるため、エイジングケアにも役立つ、万能の美肌成分と言えます。

プラセンタエキス配合のオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

プラセンタエキスに期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

ナイアシン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)

美白効果に加え、血行促進や保湿効果も高いナイアシンアミド

厚生労働省認可の美白有効成分。ニコチン酸アミドとも呼ばれるビタミンB3のことで、米ぬかや牛の肝臓から抽出される天然成分です。ナイアシンアミドの美白効果は他成分とはちょっと違い、メラノソームの働きを抑制することで、メラニンが受け渡されずにシミ予防となります。さらに、保湿効果も高く、血行促進作用によってターンオーバーを正常化する働きも持ちます。

ナイアシンアミド配合のオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

ナイアシン、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)に期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

その他の美白有効成分

独自で開発したからこその優秀なオリジナル成分一覧

美白有効成分の中には、メーカーが開発をしたオリジナルの成分もあります。その中から、ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)、カモミラET、4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩) 、マグノリグナン 、t-シクロアミノ酸誘導体を取り上げ、各成分がどのような成分なのか、またその働きや美白効果を調べてみました。

それぞれの成分が配合されたオススメの化粧品や注意点などもまとめています。

その他の美白有効成分に期待できる効果とオススメ化粧品はこちら

敏感肌におすすめ
美白化粧品
ランキング